ホームプロダクツお問い合わせブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 タグ(スポンサー広告)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いつになく真面目な将来の話
2011年04月13日 タグ(ブログ) コメント : 0 : トラックバック : 0
今年、大学院1年生になった。
就職。社会に出るまでタイムリミット2年である。

「どんな自分になりたいか。」
これが今後2年間。いや、将来の方向を定める就職活動を前に、自分自身へ課せられた、「今」の課題である。

今日はそんな僕に、多大なる夢とロマンを与えてくれた1本の映画を紹介したいと思います。

中学2年生の頃のこと。
放課後に「映画上映会」みたいなイベントがあって、暇だったから参加してみた。
しかし映画が終わるころには、何回ものイナズマに心を打たれ、夢とロマンに満ちあふれていた。
幼い僕の目はほんとうにギラギラしてたと思う(笑)
映画上映会で観た作品はこれ。


October Sky 〜遠い空の向こうに〜


NASAの元技術者の実話を描いた作品。
小説も読んだ。高校生になっても、大学に入っても、DVDを借りて観た。
もう買っちゃおうかな(笑)

このようにして、僕は昔から、たくさんの人にいろんな体験、刺激を受けさせてもらっている。(もちろん今も、これからも)
だから興味のあることはたくさんある。
だから将来やりたいこともたくさんある。
でも「何になりたい」かはまだわかならい。
何が一番やりたくて、何が自分を生き生きと輝かせてくれて、成長させてくれるかがわかならい。
失敗はしたくない。(誰だってそうか...)

ぼーっとしていたらあっという間に自分のターンになっているに違いない。
自分にとっての1番を、早く探したい。
こんな事を考えながら、明日からも努力を怠らないようにしていこうと思います。

tag : 映画



コメントの投稿
非公開コメント

◀ 前の記事へ  ホームへ戻る  次の記事へ ▶
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。